2013年4月30日火曜日

システム思考の道具箱

                                    

 日本は昔から「損して得とれ」とか「三方良し」とかのように、目先だけではなくてより大きな枠組やシステムで考えるように促す格言のようなものが多くあるわけですが、これって今の言葉で言えば「システム思考」ってことなのですよねぇ。ちなみにシステム思考を使うって事実の連鎖をより大きな枠組で観察していくのでイデオロギーにとらわれないようになるということですかねぇ(笑)。

 独り言


ドネラ・メドウズ研究所のシステム思考の道具箱

 個人的には環境主義者というわけでもないのですが、東日本に目を転じれば福島原発の事故は依然収束しておらず、西日本ではPM2.5が飛来し・・・地球規模での地震の多発・・・という具合に身の回りの環境について何かともの騒ぎな今日このごろだと言うわけです。

 それで、環境に限らず、私たちが住んでいる社会をシステムと考えると、以下のリンクで書いた環境主義者のドネラ・メドウズ女史[1]のシステムに影響を与える12のレバレッジ・ポイントというのを読み返してみると、

 
憲法改正論議や消費税増税論議はたまた、具体的なシステムの変更としてアベノミクス3本の矢のひとつの金融政策として日銀がリフレに政策を切り替えたことを考えるとこれから社会は良い意味でも悪い意味でも大きく変化することを予見させる今日この頃となってくるわけです。

 もちろん、こういった議論は変える変えないの問題と、変えるとしてどのように変えるのか?の問題は別のレベルとして考えないといけないのでしょうけれども、やはりひとりひとりが「システム思考家」となって物事をシステム思考で考えないと変化に上手く乗れないようにも思えてくるわけです。

 それで、ドネラ・メドウズ女史は既に亡くなってしまったのですが、ドネラ・メドウズ研究所のWebサイトを覗くとシステム思考の道具としていくつかの方法が紹介されていて個人的には興味深く拝読していた次第です。


で具体的には、

·        ピーター・センゲの「最強組織の法則」で紹介されていた方法(THE FIVE LEARNING DISCIPLINES)
·        オットー・シャーマの「U理論」
·        動物や植物が使う擬態
·        ダブル・ループ学習
·        バスタブ理論
·        ストック-フロー図
·        オープン・スペース
·        ワールド・カフェ(ダイアローグ)
·        ナチュラル・リーダーシップ・トレーニング
·        グラフィック・ファシリテーション

という感じになっています。雰囲気的には東海岸のMITとかハーバードあたりの人たちがやっているアノの感じということになってきますが、これはこれでありなのでしょうねぇ。ちなみに、これを西海岸風味とかあるいは純和風な感じで実装するとどのようになるのでしょうかねぇ?(笑)

 (つづく)

文献
[1] http://en.wikipedia.org/wiki/Donella_Meadows


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com


2013年4月29日月曜日

ウンベルト・マトゥラーナの講演

                                    

サイバネティストっていう肩書きも何か怪しさ満点で素敵な感じがしますねぇ。おいらもサイバネティストって名乗ろうかなぁ?(笑)。もちろんサイバネティクス自体が日本では普及していないっていうのがあるので多分きちんと理解している人ってほとんどいないのでしょうけれど、まぁ、肩書きなんてそんなものなのでしょう。

 独り言


ウンベルト・マトゥラーナ生命を語る

 オートポイエーシスの提唱者[1]であるチリ出身の神経科学者ウンベルト・マトゥラーナのポルトガル語の講演は Youtubeに転がっているけれど、英語を喋っているマトゥラーナの映像って案外貴重なんですよねぇ。

  ちなみにコンサルタントとかやっていても、相手は人間とか人間が集まった組織っていうのが対象になることがほとんどだから、やっぱり生き物を扱うオートポイエーシス論のようなシステム論を使わないと上手くいかないことって多いのですよねぇ~。で、個人的に研究テーマにしている心理療法家のミルトン・エリクソンの技法もオートポイエーシス論を通してみると、とたんに構成主義的な技法として見えてくるというが不思議なところなのでしょうかねぇ~。で、共同研究者だった故フランシスコ・ヴァレラのほうからいくと仏教を認知科学的に記述しようとする試みに繋がっていくし・・・

 で、2011年に開催された Origin Symposium III[2]の講演から

 
 (つづく)

文献
[2] http://www.origins.asu.edu/


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com


2013年4月28日日曜日

米陸軍のリーダシップ開発コーチング

                                    

 まぁ、米軍だと「弾が飛んできていますがどうしましょうか?」とかいちいち上司の判断を仰ぐわけはないしねぇ~(笑)

 独り言


現場での自律的な判断をするように志向していますねぇ

 今日はメモ代わりに・・・少し書いておきましょう。

 米陸軍のリーダシップ開発コーチング (MSAF Coaching)[1]というのがあるようなのですがドキュメントを読んでみるとこれが良く出来ているように思ってきます。解説を読むとICFに即して開発されたようですが・・・

 もちろん、米陸軍仕様なのでリーダとなってチームを率いてミッションに挑むリーダはある意味命がけということになりますから、ミッション・クリティカルな状況でも機能するように普段上司、同僚、部下、他関係者からの360°フィードバック[2]を基調に自分で判断しながらミッションを遂行できる人材の育成をねらいに設計されているという具合です。

 もちろん、ここでリーダシップとは何ぞや?という、そもそも論的な疑問が思い浮かんでくるわけですが、米陸軍ではFM6-22[3]というドキュメントで定義されていることになります。

 もちろん、別に戦闘しているわけではないけれど、ある程度権限移譲を行なって現場で情報とって自律的に判断して進めてもらうスタイルというのは色々な組織でもありだと思いますけれどねぇ。

(参考)
http://ori-japan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_21.html
 
 (つづく)

文献
[3] http://usacac.army.mil/cac2/Repository/Materials/fm6-22.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com


2013年4月27日土曜日

一般意味論の概念を質問に落として日常生活で使ってみる(その15―2)

                                    

 個人的には一般意味論の方法論自体を金科玉条の如く押し付けるつもりはないのだけれど、コーチングにしても心理療法にしてもコンサルティングにせよファシリテーションにせよ、卓越した人たちが、言葉と知覚と認識と行動がどのように相互作用させているのか?を考える上では非常に使えるモノサシのひとつとしての一般意味論は役に立つことには違いないですねぇ。特に、意識の対象を何に当てている、どんな抽象度で?って考えるのには最適だなぁ~(笑)。

 独り言


抽象化過程の意識

 今日も、一般意味論を日常生活でどのように活かすのか?「Using General Semantics[1]15のフォーマットだけ借りて説明することにしましょう。

 それで、やっと15の項目のうち15にたどり着いたわけですが、ここでは抽象化過程の意識(Consciousness of Abstracting)の続きについて書いておきましょう。

 このあたりの話は個人的にはブリーフ・セラピーにも大きな影響を与えているグレゴリー・ベイトソンの「Theory of Mind[2]やダブル・バインド仮説にも繋がっていく概念のひとつとも言えるように思うわけです。

 さて、「抽象化過程の意識」の概念を説明するために、こんな場面を思い描いてみることにしましょう。

例えば、山でハイキングをしている時、ハイカーの頭の中では色々な思いがよぎっているように思ってきます。途中の出来事を色々楽しみながらも出来るだけリスクを低減し、無事出発点に戻ってくるために情報処理が行われているでしょう。そしてこのハイカーの注意がどこに向いているのか?五感で得られるリアリティのある感覚なのか?あるいは自分の思考や枠組自体なのか?といった抽象度の異なるベレルでの情報処理考えると非常に面白いことに気づいてくるわけです。

·        足元の感覚をどのように感じている?
·        その感覚から、これからどこに進むのが良いのかをどのように予測している?
·        過去の経験からしてこれから24時間の天気はどのように変化するのか推測している?
·        心の中に漠然として不安がよぎっているけれどこれはどこから来ている?
·        ・・・・など

一般意味論では認識主体が外的出来事を認識する情報処理のプロセスが構造微分という(階層)モデルで定義されていたわけですが、このモデルに即して自分がどのレベルでどのような情報処理を行なっているのか?知覚のレベル、思考での推論のレベル、枠組や前提のレベル・・・気持ち・・・・それ自体を対象としてメタ認知するような格好で確認するのがこのコンセプトということになります。

 自分の中で行なっている情報処理のレベルに気づく

·        私の中では何が起こっている?(どのように情報が処理されている?)
·        私は何について考えている?
·        どんな記憶を思い出している?
·        どんな仮定や前提をつくりだしている?
·        どんなことを信じている?
·        何をイメージしている?
·        どんなルールに従っている?

 違うレベルの情報処理を使ってみる

自分の情報処理のパターンに気づいたら意図的に違うレベルで思考してみるというのがこれにあたります。

·        知覚のレベルで行動が止められているか?思考あるいは枠組のレベルで止められているのか?
·        事実を推論してどのような結論や決断をしている?
·        推論や結論が正しいことを証明するためにはどのような事実が必要?
·        違うレベルで情報処理をしたら何が起こる?(例:考えずに感じる・・・直感ではなく考える・・・枠組に着目する・・・・など)

 (つづく)

文献
[2]http://www.narberthpa.com/Bale/lsbale_dop/gbtom_patp.pdf#search='theory+of+mind+bateson'

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

2013年4月26日金曜日

一般意味論の概念を質問に落として日常生活で使ってみる(その15―1)

                                    

別に一般意味論に限った話でもないですし、ビジネスの場面などに限った話でもないのですが・・・・(事実の認識)(推論、解釈・・・)を一旦プロセスに戻して区別するのは重要なことですねぇ。(笑) 

 独り言


抽象化過程の意識

 今日も、一般意味論を日常生活でどのように活かすのか?「Using General Semantics[1]15のフォーマットだけ借りて説明することにしましょう。

 それで、やっと15の項目のうち15にたどり着いたわけですが、ここでは抽象化過程の意識(Consciousness of Abstracting)について書いておきましょう。

 「事実(の認識)」と「推論、隠れた前提、Etc.・・・を区別する」

 これは別に一般意味論に限った話ではないのですが、「事実(の認識)」と「推論、隠れた前提、Etc.・・・・意味・・・」について認識主体がどのようなプロセスでそれを行なっているのか?を確認してその違いに気づくことは非常に重要だと思います。それで、質問に落とすと以下のようになってきます。

·        私がコトバで喋っている対象について、どのように五感で認識しているのか?
·        事実の観察は私の推論をどのように補強するのか?あるいは否定するのか?
·        私はそのことをどのように五感で認識されたプロセスとして知るのか?
·        その事実に対してどのようなプロセスで意味づけをしているのか?

 隠れた前提→結論→振舞い に注目する

 人はある意味何かの前提や枠組をおいて出来事を観察しており、この枠組に照らして意識的にせよ無意識にせよ何らかの判断をしており、振舞いにつながっています。基本的に認識主体の前提や枠組は意識されないことが多いわけですが、ここではこの隠れた前提や枠組を少し意識してみよう・・・というのがここでの試みです。これを質問に落とすと以下のようになります。

·        この出来事を観察する際にどのような前提を置いているのか?
·        私はどんな結論、決断に反応しているのか?(抽象度の高い決断というコトバに反応している?それとも出来事の事実に反応している?)
·        そのようなプロセスで反応している?
·        違うやり方で反応するためには、前提や結論、決断をどのように変えればよい?

 (つづく)

文献
[1]http://communication.ucsd.edu/_files/Berman%20-%20Advanced%20General%20Semantics%20Workbook%20Part%202.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com


2013年4月25日木曜日

一般意味論の概念を質問に落として日常生活で使ってみる(その14)

                                    

 宅配便のトラックの後ろに「このトラックは山田太郎が運転しています」と書かれていたり、あるいは、プロジェクトの担当表に「担当、鈴木花子」と書いたりすることがあります。これは、一般意味論的には「地図は領土である」の勘違いなのですが、トラックと自己、タスクと自己を同一だと勘違いしてもらってその仕事に責任を持ってもらうのには役に立っていますよねぇ、ある意味問題の内在化です。

もちろん、こういう人たちが一般意味論を勉強して「地図はそれが示す土地そのものではない」を主張し始めて「山田太郎という文字とわたしである山田太郎は違う」と妙に外在化された形式で主張されても困るのでしょうけれどねぇ~(爆)。

 独り言


自己再帰的意識と内在化/外在化

 今日も、一般意味論を日常生活でどのように活かすのか?「Using General Semantics[1]15のフォーマットだけ借りて説明することにしましょう。

 それで、再帰性、自己反映性(Self-Refexsiveness)について書いておきましょう。

一般意味論の3原則については以下で書いていますが、

 
 ここでは3つ目の原則である再帰性、自己反映性、つまり自分の中に地図を再帰的に参照できるということについて説明しておきましょう。この概念を簡単に言うと事実はひとつでも、その事実に対する解釈はいくつも存在する、またややこしいことに、解釈についての解釈が可能だということになってきます。もちろん、これだけだとウンチクの無限ループに入ってくるだけになるのでもう少し建設的な使い方について書いておきましょう。

立場、視座を変えてみる

人はミラーニューロンが発達しているせいかどうかは不明なのですが、少なくとも自分の頭の中で立場、視点を変えて考えてみることができます。これもある意味、自己再帰的意識、自己反映性によるわけですが、質問に落とすと以下のようになってきます。

·        相手の立場に立ってみたら何が起こる?
·        自分が担当者になったとしたら何が起こる?
·        自分が担当だと考えると評価や意味付けは変わる?

複数の意味を認識する

 事実はひとつでも意味や解釈は色々あります、一般的な意味や解釈にとらわれずに違う意味や解釈に気づくことは非常に重要だと思います。それで、これに注目する質問は以下のようになります。

·        それに対する独自の定義をどのようにつくっているか?
·        その出来事の定義について別の定義はないか?
·        コトバや経験に対する意味をどのように思い出しているのか?

 (つづく)

文献
[1]http://communication.ucsd.edu/_files/Berman%20-%20Advanced%20General%20Semantics%20Workbook%20Part%202.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com


2013年4月24日水曜日

一般意味論の概念を質問に落として日常生活で使ってみる(その13)

                                    

 一般意味論って特定の思想っていうよりも、情報処理のプロセスのモデルを定めた単なる仮説でしかないのだよねぇ~(笑)。

 まぁ、逆に言うとイデオロギーといったコンテンツを扱うものではなく、その人がどのようにしてそのイデオロギーを信念・価値観として信奉するようになったか?というより一段メタの視点から見たプロセスを取り扱うものですねぇ。で、1960年代~70年代に米国では一世を風靡した次期があったという文献を読んだ記憶があるわけですが、日本ではあんまり流行らなかったという理由がこのあたりにあるのかもしれませんねぇ。

 独り言


「地図」と「土地」の関係性

 今日も、一般意味論を日常生活でどのように活かすのか?「Using General Semantics[1]15のフォーマットだけ借りて説明することにしましょう。

 それで、「地図と土地の関係性(Map and Territory Relationship」について書いておきましょう。

 一般意味論のそもそも論は、人が「コトバ」がそれに対応する「モノ」にマッピングされながら抽象化されるプロセスにおいて、「コトバ」と「モノ」を同一視して混同するところから認識やコミュニュケーションにおける混乱が起きているという仮定があります。つまり、一般意味論の企ては「コトバ=地図」「モノ=土地」が混同されるプロセスを追って、この混同をなくしましょうということでもあります。(もちろん、人は何らか外的な情報を神経系に取り込む時点で情報がフィルタリングされるために土地を見ることはできません。例えば、紫外線を直接見ることはできませんし、赤外線を見ることはできない、というのがこれにあたります。)


 経験にコトバのラベリングが貼られ情報が抽象化される過程を追う

 一般意味論は五感の経験にコトバや記号を貼り付けて、情報が抽象化されるモデルとして構造微分(Structural Differential )が提供されています。それで五感から取り入れられた情報がどのように抽象化されるのか?という過程を追うのが以下の質問だというわけです。




·        外的事実に即して私はそれをどのように評価しているか?
·        私のコトバは私の五感の経験とマッチしているか?
·        事実と推論のどちらを参照しているか?
·        事実と推論をどのように区別しているのか?
·        事実を「~と同じ」という表現と使わないで表現すると何が起こるか?
·        その事実を既に経験した枠組から認識していないか?
·        もし、経験していないことだと考えるとどのように説明するか?

抽象化の過程で落ちてしまう情報を追う

·        その事実を表現するコトバはそれだけか?その事実の意味はそれだけか?
·        他に、他に?
·        これを聞いていくことで気がつくことは何か?

外的出来事に自分がどのように反応しているか?に注目する

·        自分の振舞いをメタ認識して分かることは何?
·        それを外在化するには?
·        何が変わる?


 (つづく)

文献
[1]http://communication.ucsd.edu/_files/Berman%20-%20Advanced%20General%20Semantics%20Workbook%20Part%202.pdf


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com


2013年4月23日火曜日

一般意味論の概念を質問に落として日常生活で使ってみる(まとめ)

                                    

 あたまの中の情報が混乱している時は、索引を付けて整理すると混乱が収まってきますねぇ。(笑)

 独り言


ここまでのまとめ

 今日も、一般意味論を日常生活でどのように活かすのか?「Using General Semantics[1]15のフォーマットだけ借りて説明することにしましょう。

 それで、15のうち12まで書いたわけですが、あと3つがどれか分からなくなったのでここで索引をつけて(Indexing)少しまとめておくことにします。(笑)
 
1. Etc.
2. Organism-as-a-whole-in-environments
3.Evaluational (semantic) Reaction
4. Multiordinality
5.Quates
6.Question Formatting
7.Non-Identitiy
8.Hyphen
9. Non-Absolutisms
10.Time-binding
11.Dating
12.indexing
13.Map-Territory Relation
14.Self-reflexsiveness
15.Consiouness of Abstracting

それで、索引は一般意味論の(Indexing)で説明されている概念に限ったことではないわけですが、混乱した情報を整理するのには非常に約に立つように思ってきます。

 (つづく)

文献
[1]http://communication.ucsd.edu/_files/Berman%20-%20Advanced%20General%20Semantics%20Workbook%20Part%202.pdf


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com