2013年12月31日火曜日

ポジティブ・フィードバック的生き方 vs ネガティブ・フィードバック的生き方



  おいらは人事コンサルタントというわけではないですが、プリセールスとかプロジェクト・マネジメントの経験から確信を持って言えること。

サイバネティクス的に、営業はポジティブ・フィードバックが習慣になっている人、一般的な事務とか何かの保守はネガティブ・フィードバックが習慣になっている人じゃないとうまくいきませんねぇ。

 もちろん、どっちが良い悪いではなくて、人のアサインが反対になると悲惨な結果になるような気がしています。

ひとり言


ポジティブ・フィードバック vs. ネガティブ・フィードバック

 日常生活や仕事の場面で、あるプロセスを(サイバネティクス的に)ポジティブ・フィードバックで行うか、ネガティブ・フィードバックで回すのかの違いは非常に重要なのだなと分かってきた今日この頃だったわけです。もちろん、昔から何となくは分かっていたのですが、サイバネティクスの知見を使うと形式知として非常に上手に説明できるようになったと思います。

 さて、これについて、心理療法やコーチングなどに活用されているソリューション・フーカスト・アプローチ(SFA)の創始者であるスティーブ・ド・シェザーの非常に有名な論文「(抵抗は死んだ)」の脚注に非常に重要なことが書かれています。

(翻訳は適当)

It is important to remember throughout this essay that "positive" and "negative feedback loops," "deviation-amplifying," "deviation-encountering processed," etc,. are just heuristic devices or metaphors. Human systems are described by an observer "as if".

このエッセーを通して「ポジティブ・フィードバック・ループ」つまり「偏差を増幅させる」と「ネガティブ・フィードバック・ループ」つまり「偏差に直面するプロセス」などは単なる経験則やメタファーである。


 それで、これだと少し分かりにくいので、ポジティブ・フィードバックとネガティブ・フィードバックを自動車レースのラリーで説明してみましょう。

 ラリーは、アベレージ・ランとスペシャル・ステージ(SS)の2つに分かれます。[2]

  • ネガティブ・フィードバック

アベレージ・ランとは指定されたチェック・ポイント決められたタイムで通過する競技です。決められた標準に従わないと、早くても遅くても減点になるというルールです。

ここで、何が言いたいのか?というと「決められた標準との差異を縮めて行こうと努力すること」これがネガティブ・フィードバックによる制御のやり方ということになるわけです。これを仕事で言うと、プロジェクトをベースラインに沿って正確にマネジメントするようなやり方に似ています。事務処理で今日中に30件の書類の承認を行わなければならないと決めて、それを正確に行うというような仕事もこれに含まれる考えて良いでしょう。で、仕事としては何らかの安定を強化する方向に働き、今の枠組みを超えて新しい成果物が創発するようなことは起こらないし、全然、クリエイティブではない・・・ということでもあります。

  • ポジティブ・フィードバック

一方、スペシャル・ステージは決められた区間を出来るだけ速く走り抜けると点数が高いというタイム・トライアル方式で行われます。これは、「できるだけ速く走るとか、抵抗をゼロにする」のように、まるで永久機関の実現を目指してあらん限りの努力するようなやり方がポジティブ・フィードバックによる制御というやり方になるわけです。

プロジェクトで言うと、TOCのクリティカル・チェーンを導入して自分が担当したタスクを出来る限り早く終わらせるというやり方に似ています。(余談ですが、クリティカル・チェーンはタスクを予定どおりに終わらせるのが良いのではなく、できる限り早く終わらせるということを目的に努力してもらうことになります。もちろん、予定より遅れても、バッファ以内に終わればペナルティはなし、早く終われば多少の休みがもらえるという感じでプロジェクトが運営されることになります。)

これは仕事だと営業のようにクロージングにつながるならばとりあえずやれることは何でもやってみる、というのもこちらのほうに入るでしょう。比喩ですが、3割を目標に打席に立っているバッターは、チャンスがあれば1本でも多く打ってやろう4割打つつもりで打席に立っていて、やっと結果として3割残せるというのと同じで、営業も1億円が年間ターゲットで、1億円売れば良いやといって営業をやっているようでは中々1億円も売れないということになるような場合です。

元々ポジティブ・フィードバックはシステムに不安定をもたらす危険はありますが、うまくいくと現在の枠組みを超えた新しい次元の成果が得られることになります。そして非常にクリエイティブであると・・・・・


 それで、最近思っているのは、こういったことが理解できていて仕事に合わせてネガティブ、ポジティブ、それぞれフィードバックのやり方を器用に切り替えられる人と、このことが分からなくて切り替えが難しい人が居るというようなことが分かってきたというわけです。

 もちろん、どちらが良い悪いというわけではなく、その時の状況に合わせてうまく使い分けるということが非常に重要ではないかと思ったわけです。もちろん、営業やレーシング・ドライバーの持つような、1円でも多く売るとか、0.1秒でも速く走るのようなポジティブ・フィードバックな態度は日々練習していないと中々身につくものでもないのでしょうけれども・・・・・

 

(つづく)

文献
[2] http://ja.wikipedia.org/wiki/ラリー

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken






2013年12月30日月曜日

主観的と客観的の区別を付けてみる



  
今年をふり返るにしても、来年の計画を立てるにしても、コトバの力を借りて、主観と客観(メタ)の区別をして、それぞれの立場から人類学者グレゴリー・ベイトソンの言う二重記述をしてみましょう・・・というお話です。

 で、これをやると事実が何だったのか?それに自分でどのような意味を与えているのかが、だんだんと分かってくることになります。

ひとり言


主観的と客観的の区別を付けてみる

 人は何らかの事実を観察しても、そこに何らか主観的な解釈を行い、自分なりの意味を付加してしまう生き物のように思ってきます。

 それで、一般意味論的には事実がどのように主観的な意味になるのか?というプロセスにおける「抽象化過程の自覚」が重要だと言っていたわけですから、とりあえずは、コトバの力を借りて、見たまま、聞いたままの事実、それと自分の主観的な区別を付けることが重要だということになってきます。


 それで、具体的にはコトバの力を借りて、それぞれの視点を区別してみる(五感の情報をデジタルにコトバで記述してみる)、そして、一般意味論的には「地図はそれが示す領土にあらず」を実践してみることが何より大事である、ということになってくるわけです。また、ここで第一次の現実と、第二次の現実と言っているのパロアルトにある心理療法の研究所であるポール・ウォツラウックによる定義。

http://ori-japan.blogspot.jp/2013/12/blog-post_8.html
 
(つづく)

文献
N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken




2013年12月29日日曜日

プロジェクト・マネジメントの知見で来年の計画を立てる



  来年(あるいは来年以降)の目標を見据え、計画を立てる場合、プロジェクト・マネジメントの知見というのは非常に役に立つように思ってくるわけです。

ひとり言


プロジェクト・マネジメントの知見で来年の計画を立てる

 はじめに、ネットを検索していたらプロジェクト・マネジメントをざっくり俯瞰するのに非常に見晴らしのよいマインドマップ[1]があったのでご紹介しておきましょう。

 それで、詳細は無視して非常に大きな視点からプロジェクト・マネジメントって何?という質問をした場合、このマインドマップはこの答えに非常に的確に答えてくれているように思います。

 一般的にプロジェクト・マネジメントというのはチームやグループで何かをやり遂げるということになるのでしょうが・・・・・・同様に個人的な目標設定を行なった場合にも思考のシミュレーションとしてこういったプロジェクト・マネジメントの視点からあれこれ計画を考えてみて、そして具体的なタスクをイメージしてどのように行動し、そしてそのフィードバックから何を得て目標達成を目指すのか?を考えてみるというのもありのように思ってきます。

 もちろん、こういったフレームワークを使うと個人の目標設定、達成においても、

1)      あまりブレのない確固としたゴールや目標の設定(アウトカム志向)
2)      現状と行動からのフィードバックを的確に捉える感覚の鋭さ(センサリー・アウェアネス)
3)      利害関係者との関係構築(ラポール)
4)      振る舞い、手段の柔軟さ(フレキシビリティ)

 が重要であるように思ってきます。

 それで、プロジェクトを進める上で必ずと言ってよいほど何か課題ということが出てくると思うわけですが、心理療法家のミルトン・エリクソンのユーティライゼーション・アプローチではないのですが、目標達成に一見不都合とおも思われる事も、最初に設定した確固たる目標を達成するためにどのように有効活用するのか? こういった態度が求められるように思ってきます。

 さて、そんなわけで今年の振り返りを含め、来年(以降を含む)計画をもう少し精緻に考えてみますかねぇ。

 それで、自分にとって不都合、好都合の区別はおいておいて、今年起こった色々な出来事で来年以降、資源、資質として役に立ちそうなことは何かあるのでしょうかねぇ、おそらくあるのだろうなぁと・・・・で具体的な質問としては・・・・・

「今年、あなたを助けてくれた人は誰ですか?」
「今年、あなたに迷惑をかけたのは誰ですか?」「その人やそれから学んだことを来年以降にどのように活かしますか?」
「今年、あなたが学んだこと、新しく身に付けたことは何ですか?」
「今年、思わぬトラブルからあなたが身に付けなければいけなかった能力は何ですか?」「それを来年以降どのように役立てますか?」

・・・・・・・・・・・・・・
 
(つづく)

文献
[1] http://journeymanpm.com/Project%20Management%20Mindmap.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken






2013年12月28日土曜日

ライターズ・ブロックを超えて



  毎日、毎日きまった時間に心を落ち着けて自分が面白いと思ったことを書くようにするとライターズ・ブロックは起きないですねぇ。

ひとり言


ライターズ・ブロックを超えて

  今日で連続880記事、前のブログが1200記事くらい連続で書いているので、おそらく2000日ほどブログを連続して書いていることになります。

  もちろん、お金をもらって書いているのでもなければ、何らかプレッシャーに苛まれて書いているのでもないので、ある意味非常にお気楽に書いているわけですが、子どもの頃から三日坊主の私がどうしてこんなに続いているのだろうと思うと非常に不思議な感じもするわけです。

  それで、この話とも関連するのですが、欧米では「ライターズ・ブロック(Writer’s Block)」というとても有名な症状を思い出すわけです。これは、レポートの提出を前にした学生が突然何を書いてよいのか分からなくなって一行も文章をかけなくなったり、ベストセラー作家だった文豪の先生が何をきっかにしてものか一行もかけなくなって突然筆を折ったり、というような状態がこれに当たるわけです。

 もちろん、世の中よくしたもので、ネットを探すと英語だったりしますが「ライターズ・ブロックを超える方法」というようなアドバイスが見つかることになります。

 例えば、ヒューストン大から出ている「Overcoming Writer’s Block 」[1]というドキュメントを読むと。

ライターズ・ブロックの原因として
        興味のないトピックについて書かなければいけない
        まったく理解していないトピックについてかかなければいけない
        ストレスや不安を抱えている
        自意識が強すぎる

などがあげられています。それで、その解決策として

1.      自由に書いて、読み返す
2.      リラックスして質問をする
3.      ストレッチして休息する
4.      早めにはじめて、助けを探す
5.      書く時間を計画し、締め切りを設ける

となっています。

確かに、個人的には、

1.          興味ある内容しか書いていない
2.          自分の調べものつもりで書いている
3.          リラックスして書いている
4.          ネットに参考文献として助けを探している
5.          アイディアの整理にマインドマップ(一般意味論ベースにチューニングした)を使っている、神経が動いている限りはアイディアが浮かばないことはない
6.          だいたい決まった時間に書いている

というようなところがあるので、案外ヒューストン大のエッセーの言っている「ライターズ・ブロック」から抜け出す方法を普通に習慣としてやっているということになるのだと思います。

もちろん、これがプロの作家やライターともなれば、1日8時間とかを文章の作成に費やすのでしょうから、もっと緻密にプロジェクトを組んでやらないといけないのでしょけれども、少なくともブログを書く時に「ライターズ・ブロック」が起きないようにする習慣を身につけるのは案外簡単ではないのか?と思ったところだったわけです。

 余談ですが、こんな私でも一応ビジネス文章を書く時はバーバラ・ミントのピラミッド・プリンシプルで構造化して書いてますけれどねぇ(笑)。
 
(つづく)

文献

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken





2013年12月27日金曜日

晩年のミルトン・エリクソンへのインタビュー



  催眠は、意識には何もしてくれないが、無意識には何でもしてくれる。

ひとり言


晩年のミルトン・エリクソンへのインタビュー

  今日は、Youtubeにアップロードされていた心理療法家のミルトン・エリクソンのほぼ晩年のインタビューをご紹介しておきましょう。



 独特の語り口に非常に深い含蓄が含まれているようにも思ってくるわけです。

 もちろん、ミルトン・エリクソンの話法は、その中に多水準のコミュニケーションを含むことで知られているわけであり、例えば、否定文である「Hypnosis doesn’t do anything. 」や「Don’t try to (pause) use somebody else’s technique.」の解釈には非常に注意が必要ことも分かってくるわけです。

 この前提として「否定文は言葉の中にだけ存在し、(表象された)経験の中には存在しない」つまり「否定文は意識には存在するが、無意識には存在しない」ということになるわけです。それで、これを使ってエリクソンの言葉を解釈すると。

「催眠は意識には何もしてくれないが、無意識には何でもしてくれる。」「意識的に他人の技法を真似ようとしてはいけないが、無意識に他人の技法を真似よう試みなさい。」のように、エリクソンの得意技である意識-無意識のスプリットの言語パターンで意味を伝えようとしていると解釈できることになります。(もちろん、このあたりは普通の方が読むと、おまえは一体何の話をしているのか?という感じになるのかもしれませんが・・・・)


また、個人的には、Sting の Englishman In New York の歌詞の中にある Be yourself no matter what they say . を思い出したりもするわけですが、おそらくミルトン・エリクソンは野中郁次郎先生のSECIモデルで言うと、他人の背中や技を見て暗黙知を暗黙知として学ぶのはよいけれども、無理に形式知化して学ぶことはやめたほうがよいということを「Don’t try to (pause) use somebody else’s technique.」という一文で表現したかったのではないか?と思ってくるわけです。
(つづく)

文献
N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken






2013年12月26日木曜日

2013年の振り返り



  2013年も年末に差し掛かっていますが今年の出来事のまとめをするにはよい時期ですねぇ。それで、個人的に重要だと思っているのは以下の質問です。

   今年達成できたことは何ですか?できなかったこと何ですか?
   来年達成したいことは何ですか?現状は?そのギャップはどれくらい?
   今年起こった出来事、経験など、たとえそれが自分に不都合なものだったとしても、ゴールの達成に役立ちそうなものは何ですか?
   それをギャップを埋めるために具体的にどのように役立てていきますか?

ひとり言


2013年の振り返り

 年末を迎え、今年一年をふり返るにはとてもよい時期になってきたと思います。

 それで、何かを達成できたこともあれば、来年以降に達成が持ち越されたこともあるでしょう。

 で、個人的には以下のリンクで書いた枠組みで今年一年を振り返ってみようと思っているわけですが、特に重要だと考えているのが3つ目のバックトラックの枠組みです。


フレーム(枠組み)
手順
アウトカム・フレーム
理想のゴールを描く
コントラストを付ける
「現状と望ましい姿(ありたい姿)の違いは何でしょうか?」
エビデンス
「望ましい状態に近づいていっているというのは具体的にどのようにして分かりますか?」
AS-IF フレーム
ゴールや望ましい状況を既に達成しているとしてらどのように振る舞うのか?(たら、れば、で考える)
ゴールまでの道筋を見つける
「望ましい状態に至るまでどのようなステップを取れば良いでしょうか?」
既存のしきい値を超える必要性
「もし、その課題が解決できるとしたら、あなたは何をするでしょうか?」
バックトラック・フレーム
ゴール達成に関する情報についてレビューを行う
振り返り 
「これまで話してきたことについての要点は何ですか?」
ミッシング・リンク --- 要素、思考、行動などをゴールに結びつける
「そのことは、ゴールを達成するためにどのように役に立ちますか?」

 上を参考に、

   今年達成できたことは何ですか?できなかったこと何ですか?
   来年達成したいことは何ですか?現状は?現状とのギャップは?
   今年起こった出来事、経験など、たとえそれが自分に不都合なものだったとしても、ゴールの達成に役立ちそうなものは何ですか?
   それをギャップを埋めるために具体的にどのように役立てていきますか?

を質問しているところです。

(つづく)

文献
N/A

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken





2013年12月25日水曜日

エリクソニアン国際会議2015



  2013年が終わったばかりなのに、もう2015年のサイトが立ち上がっていますねぇ。2年かけて開催の告知をするようなイメージでしょうか?

ひとり言


エリクソニアン国際会議 2015

 今日は手短に。


2015年、ミルトン・H・エリクソン財団後援のエリクソニアン国際会議は12月10日~13日に米国アリゾナ州フェニックスで開催されることが決定したようです。

(つづく)

文献
N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken






2013年12月24日火曜日

ミルトン・エリクソン、クライアントの抵抗への対処



  晩年に近い1978年のミルトン・エリクソンの技は、無駄なものが削ぎ落ちて、シンプル過ぎるくらいシンプルなわけですが、反対に、切れ味が極限まで増しているように思えてくるわけです。

ひとり言


ミルトン・エリクソン、クライアントの抵抗への対処

 今日は手短に。

 ルーマニア・ドメインの謎のサイトにアップロードされていた心理療法家のミルトン・エリクソンの1978年のセッションの模様を2002年にエリクソン財団のジェフリー・ザイク博士が解説した映像。

http://responza.ru/13600_milton-erickson-working-with-resistance/
 
 ここでのテーマは「クライアントの抵抗をどのように利用(ユーティライズ)してゴールへの推進力に変えていくのか?」です。

 細かい話はビデオを視聴していただくとして、エリクソンはクライアントに対してどのようにペーシングを行い、そしてリーディングしていくのか?

 あるいは、相手が抵抗を示した時にどのように対処しているのか?など、エリクソンの研ぎ澄まされたように精密に曖昧に話している独特の言語パターンと、


ザイク博士も行っているように、相手の世界観とアイソモルフィック(Isomorphic)な関係でマッチングするように話されるメタファーが職人芸の域を超えて、人間国宝の域に入っているようにさえ思えてくるわけです。


英語の字面であるメッセージの部分は、日本の中学校の教科書に出てくるくらいのレベルと大差はないように思うわけですが、この行間に含まれるメタメッセージを考えると非常に練られた、精緻な曖昧さを持つコトバだともわかってくるわけです。


(つづく)

文献
N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken






2013年12月23日月曜日

プロジェクト・マネジメントのコントロールについての3つの類型



  プロジェクト・マネジメントって突き詰めていくと、具体的に何をやるかのレベルでは「勘だ」「気合だ」「根性だ」ということのアンチテーゼということがよく分かってきますねぇ。

 もちろん、もっと大きなレベルでの「夢」「ドラマ」「旅」みたいなことは自分で描かないといけないのでしょうけれども。

ひとり言


プロジェクト・マネジメントのコントロールについての3つの類型

 今日は、プロジェクト・マネジメントについて少し書いておきます。

 プロジェクト・マネジメントの中にコントロールという概念があります。コントロールの定義は、「予定と現実の差異を縮めていく行為」で、計画-実装-モニター-コントールの最後の要素ということになります。

 もちろん、このあたりの話は、PMBOKなどのプロジェクト・マネジメントの体系で普通に話されていることでまったく真新しさはないのですが、前々から疑問に思っていたことについて、MITのサーバにのっかていたパワーポイントの資料を読んでいてなるほどと思ったのが以下の点です。[1][2]

 プロジェクト組織をシステムと見て、プロジェクトのコントロールを行うやり方の類型として、以下の3つがある。

1.    Cybernetic Controls サイバネティク・コントロール
2.    Go-no go Controls 実行するかしないかのコントロール
3.    Post Controls 事後コントロール

1.が一番インテリジェントな方法で、ここでは第一次、第二次、第三次サイバネティクスまで言及されています、で個人的に最も興味があるのがこれ。但し、現実のプロジェクト・マネジメントで用いられることが多いのは 2.の何かの対象を「実行するかしないか」でコントロールを行うやり方。3.は事実が確認できて事後にコントロールを行うやり方。

また、具体的に何を使って何をコントロールすることが出来るのか?上の資料に全方位的に書かれているわけです。
 
 それで、余談として、そもそも論になりますが、コントロールはあくまでも何かの枠組みの元で決められた手順で基本はネガティブ・フィードバックで行うことであり、イノベーションみたいなことは起こらないということになると思います。そもそも、指向していないというほうが正しいのかもしれませんけれども・・・・

(つづく)

文献
[1] https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=8&cad=rja&ved=0CGkQFjAH&url=http%3A%2F%2Fstuff.mit.edu%3A8001%2Fafs%2Fathena%2Fcourse%2F1%2F1.040%2Fwww%2Fdocs_lectures%2FLecture_15_Project_Control.ppt&ei=qoO2UpnLLM7QkAX5lYDQCg&usg=AFQjCNGo5S0jVZQ-peNz97HchdtCUK3d5A&sig2=eA7JM_rlPAO0RxzVAyKfRA
[2] http://www.wiley.com/college/dec/meredith298298/resources/ppt/Ch11.ppt

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken