2014年3月26日水曜日

家族療法理論の哲学的基礎



 家族療法って「ぽすともーだん」な構成主義的な考え方が格好良かったりするわけですねぇ。(笑)



家族療法理論の哲学的基礎

 ネットに「Philosophical Foundations of Family Therapy Theories (家族療法理論の哲学的基礎)」[1]というドキュメントを見つけたので、これをパラパラ読んでいたわけですが、個人的には、一般システム理論、(第二次、第三次)サイバネティックス、とウィトゲンシュタインの言語哲学とオートポイエーシスあたりがどのように接続されるのかなぁ?と思ったわけです。
 
 で、このあたりは、以下のリンクあたりを読み込まないと分からないところはありますねぇ。

 
文献

[1]http://www.aamft.org/Institutes13/Crash_Course/Individual_Documents/1%20foundations.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken





0 件のコメント:

コメントを投稿