2014年3月8日土曜日

ミルトン・エリクソンの技法(その13)

ミルトン・エリクソンの技法(その13)

 特定のコンテクストで何がどうなるのか?を限定しない話し方がある、ということですねぇ(笑)。



4)オープン・エンドの暗示 その2

 心理療法家のミルトン・H・エリクソンの技法について書かれている少し素性の分からない Web PDFを読んでいたのですが[1]案外、これがよく出来ているように思います。で書かれている内容は以下の項目で、

  1. トゥルーイズム
  2. 時間利用のトゥルーイズム
  3. Not Knowing / Not Doing 無知の知、無為の為
  4. オープン・エンドの暗示
  5. 全ての可能性をカバーする
  6. 複合的暗示
  7. Yes セット
  8. 否定形の利用
  9. 質問の利用

 元ネタは、以下のリンクで書いた著作ですが、少し解説しておきましょう。


言語パターンとしての オープン・エンドの暗示

 ドキュメント中のオープン・エンドの暗示の例を読んでみましょう。



We all have potentials we are unaware of , and we usually don't know how they will be expressed.”

私たちはみんな、自分では気づいていない潜在的な能力を持っています、そして、普通はそれをどのように搾り出されるのか、分かっていません。

Your mind can review more feelings, memories , and thoughts related to that problem, but you don't know yet which will be most useful for solving the problem you are coping with.”

 あなたの心は、その問題に関連した、多くの感情、記憶、思考を思い出すことができます。しかし、あなたが対処している問題に対して、そのどれを使って解決するのが有効なのかは分かっていません。

You can find yourself ranging into the past, the present , or the future as your unconscious selects the most appropriate means of dealing with that. “

 あなたの無意識がそれに対処するためにもっとも適切な手段を選ぶ時、あなたは、あなた自身を過去、現在、もしくは未来に見出すことができます。

He doesn't know what he is learning , but he is learning. And it isn't right for me to tell him 'you lean this or you lean that !' Let him learn whatever he wishes , in whtever order he wished.”

 彼は、何を学んだのかは分かっていませんが、現在、彼は学んでいます。そして、私が彼に「あなたはこれを学んだ、あれを学んだ」ということは適切ではありません。彼が望むことを、望む順番で学ばせなさい。

But most patients with phantom limb pain just think of only the pain. And if you can have phantom pain . You can have phantom pleasere .

 実際にはない痛みを感じている患者は痛みのことを考えています。もし、実際にはない痛みを感じているならば。あなたは実際にはない愉しみを持つことがができます。






つづく

(参考)


文献

[1]http://hypno-sence.webs.com/Practitioner%20course%20204/The%20Use%20of%20Language%20in%20Indirect%20Hypnosis.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken





0 件のコメント:

コメントを投稿