2014年9月30日火曜日

問題解決の道具箱:イッシューツリー(その4)


  
  大人になったコンサルタントが使うのがイッシュ-・ツリーやロジック・ツリーならば、小さな子どもでも使えるのが樹形図、つまりツリー・ダイアグラムだというわけです。
 現実に起きている問題が複雑なものだったりしても、まずはそれをよく観察して、気になった要素にコトバのラベリングをして取り出してみる、要素と要素の関係をツリーで整理してみる・・・・・そうすることで解決のヒントが見つかることもあれば・・・・そのツリー自体が答えになることもある・・・・・・・もちろん、「分ける=分かる」のデカルトのロジック中心に取り扱うことにはなりますが、かなり優れものの道具ではないかと思います。
 


紙と鉛筆で思考の補助線を書く意味

 ネットで見つけた資料「Problem Solving Creating a Tree Diagram(樹形図をつくって問題を解決する)[1]という資料を読んでいたのですがこれが中々面白いです。

 この資料はおそらく小学校低学年あたりを対象に書かれています。
それで、この資料を読むと分かるように身の回りを見回すと色々な問題、課題が存在しています。

 例えば、

アンは友人2人にカードゲームの招待状を送りました。また、この2人はそれぞれ2人に招待状を送りました。カードゲームに招待したのは合計で何人でしょうか?




 ラングさんには4人の子供がいます、4人の子供にはそれぞれ2人ずつ子供がいます。
ラングさんの孫は何人いるでしょう?





 といった、直感的に理解できる人にとってはたわいもない問題です。
 しかし、この問題が一体何を意味しているのか?考えこんでいる子供にとっては非常に難しいものになるでしょう。

 そこで登場するのが樹形図、つまりツリー・ダイアグラムだというわけです。
 ここでは、思考の補助線として、紙とえんぴつを用意して、問題をよく読みツリー・ダイアグラムを書いてみる。そうすることで問題の構造や解決策、あるいは簡単な問題だとツリー・ダイアグラムを書くこと自体が答えを見つける行為というわけです。

 また、個人的には直感的に頭で理解出来る問題であっても、いったんその要素や構造をツリー・ダイアグラムに書き出して他の人と共有してみる、ことも有効ではないかと思っているわけです。 例えば、子供の頃ものすごく優秀だった人は、案外他の人に分かりやすく教えることが苦手だったりするように思ってきますが、こういうツリー・ダイアグラムを上手に活用することで分かりやすく教えることも出来るようになると思います。
 
(つづく)
文献

[1]http://www.blake.com.au/v/vspfiles/downloadables/PT4_ProblemSolving.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com








2014年9月29日月曜日

問題解決の道具箱:イッシューツリー(その3)


  
  このあたりになると、一種の様式美のような感じもしてきますねぇ。

 逆に言うと、知っているといろんな問題解決の場面でパフォーマンスが発揮できるけれども、知らないとお手上げになってしまう・・・・・

 で、最初は、一つひとつのステップを上手にやれなくても良いのだけれど、これを繰り返し、繰り返し行ううちのだんだん上手くやれるようになる・・・・という感じなのでしょうねぇ・・・・・
 


どんな業界、どんな問題、どんなプロジェクトにも使える問題解決の基本パターン

 MITのサーバーにのっていた「Problem Solving Grand Slam:7 Steps to Master[1]というタイトルのプレゼンテーション資料がかなり秀逸です。

 日本だと仕事の場面のなんらかの製品やサービスの改善でPDCAサイクルを回せとかいったりしますが、本当はココで示されている7つのステップを「仮説ー検証」モードで、思考を発散させたり、収束させたりを繰り返しながら、考えに考えて施策を実行することなのだろうなぁ、と思ってくるわけです。

 それで、この7つのステップとは以下となりますが、スライドを参照するとこれを週次の単位で繰り返し、繰り返し実行しすることになります。



  1. 問題、課題を定義する
  • 問題の記述は、質問形式もしくは仮説を肯定する形式で書く
  • 前進するための意志決定に焦点を当てる、具体的な行動が取れるレベルまで詳細化する
  1. イッシューツリーをつくる
  • 問題を要素に分解してみる
  • MECE(モレなく、ダブリなく)整理する
  • クライアントやエキスパートと情報を共有する、彼らからインプットの情報をもらう
  1. 解決策のストーリー展開を考える
  • プロジェクトのストーリ展開として最良のパターンをつくる
  • ストーリー展開を支援するゴーストパックをつくる
  • 優先順位の高い課題を残し、低い課題を消しこむ
  1. 作業計画をつくる
  • 作業計画は単なるガントチャートではない以下を盛り込む
    • 仮説
    • 分析(フレームワーク、プロセス、その他)
    • 情報源
    • 責任者、オーナー
    • タイミング
    • 最終製品、成果
    • レビューのサイクル
  1. データを収集しクリティカルに分析する
  • 仮説と最終製品に焦点を当てる
  • 仮説とデータを行ったり来たりする
  • 分析はシンプルに
  • 新しいデータをいつでも取り入れられるように
  • 創造的に
  1. 統合する、So what ? でくくり上げる
  • その週の結論を出す
  • 道具#1:稼働状況-観察- 実行 のフレームワーク
  • 道具 #2 :ピラミッドのストーリーラインに従う [2]
  • So what ? を聞く
  1. 合意とコミットメントをとりつける
  • コミュニケーション計画に従う
  • 敵対する利害関係者に正当性を証明する
  • 腹案をもっておく

 で、個人的に面白いと思ったのは、ロジック・ツリーには3パターン、つまり1)演繹法で書く、2)仮説を書く、3)イッシュ-マップ があること。これらを、必要に応じて使い分けることになるのでしょう。

 また、ストーリーラインの展開というところで、一端メタファーを使って、枠組みの外に出るアブダクティブな思考をしてみても良いかなぁ?と考えています。

 余談ですが、このプレゼンテーションの日付を参照すると2013年と比較的最近の資料だったので、ある意味、これが定番の問題解決手法と考えて良いのでしょう・・・・・
 
(つづく)
文献

[2]http://www.baylor.edu/content/services/document.php?id=44826

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com







2014年9月28日日曜日

問題解決の道具箱:イッシューツリー(その2)


  
  ツリーの話を始めると、
 
  マッキンゼー式のイッシュツリーみたいに、ブレイクダウンする毎に具体的になり、くくりあげる毎に抽象的になるみたいに、抽象度の上げ下げを伴ったツリーと・・・・

 TOCの思考プロセスのように原則対立解消図と各要素間にある仮定を除いて同じ抽象度の要素の連鎖を時系列的にずらずらっと並べるやり方と2つのツリーがあるように思いますねぇ・・・・・
 


問題解決の道具箱:イッシュ-ツリー

 英国スコットランドのアバディーン大学のサイトにあった「Logical Framework
Analysis and Problem tree[1]というタイトルのプレゼンテーション資料を読んでいたわけですがこれが非常によくまとまっています。※ここでは Problem tree とか Objective tree などをひとまとめにしてイッシュツリー、あるいはロジック・ツリーとしています。

で、要は、「問題解決って具体的にどのようにやればよいの?」質問されれば・・・・

 その答えは、現在の問題の因果関係(強い相関関係)を扱った問題ツリーProblem Tree) から、将来そもそも何を実現したのかの狙いやゴールを明示した目的ツリーObjective Tree )への転換と言って良いでしょう。
 
 これをよくみてみるとある意味、家族療法や短期療法で使われるリフレーミングと同じようなプロセスだとも気がついてきます。もちろん、リフレーミングと同じように問題ツリー→目的ツリーとヒックリ返す時には、どれだけ既存の枠組みから出てそれを考えられるのか?が重要なポイントとなります。

 もちろん、ここでは問題の細かい現象を具体的にどのようにヒックリ返せば解決策になるのか?(How)というのではなく、現状の Why-because のロジックである程度の Root Cause (根本原因)仮説を立てて、それを将来の Why-because の目的ロジックに転換して、それからさらに具体的なアクティビティ、介入、施策にブレイクダウンされているところは注意が必要なのだと思います。



 それで、ここで示されているのが以下の9ステップ。ここでは既存の枠組みにとらわれない解決策を実行し、予想を上回る結果を出すために、文脈の分析とか前提条件、仮定の分析をしっかり行う必要があります。


 で、やはりこのツリーの最終ゴールは未来の理想的にどのように到達するのか?ということになるので、原因分析は適当なところでとどめておき、目的ツリーを書いて、その目的を達成するためにどのような手段でこれを実行していくのか?を一生懸命考えることになります。


 それで、まとめは以下の感じ。結局、何れにしても人の認識や行動が関係しない問題、言い換えれば無生物の連鎖で物理的な世界で起きている課題についてはしっかり Root Cause (根本原因)を分析する必要があるのだと思います。



 それで、こんなところを参考にして、イッシュツリー、もしくはロジックツリーを書いてみましょう。もちろん、最初から緻密なロジックを組み立てようとすると頭がオーバーヒートするのでちょっとゆるゆるなお絵かきとか、ポストイットを使うとかマインドマップを書くとかからはじめて、徐々に精度を上げていくほうが良いのかもしれませんけれどねぇ(笑)。


 
(つづく)
文献

[1]http://www.abdn.ac.uk/develop/documents/21_March_2013_Hilary_Homans_PCM_logframe.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com






2014年9月27日土曜日

問題解決の道具箱:イッシューツリー(その1)


  
  マインドマップのようにわりと思いつくままに構造化しないでつらつら書くか、イッシュツリーのようにある程度は抜け漏れダブり無く整理するのか?

 まぁ、状況によって異なるのでしょうけれども、使いようによっては切れ味の良い道具であることは間違いないでしょうねぇ・・・・・・まぁ、コトバでラベリングして意識して「分ける=分かる」というロジックを使う良い意味での限界は理解しておかないといけないということなのでしょうけれどねぇ。
 


問題解決の道具箱:イッシュ-ツリー

 コンサルタントの使う道具としてイッシュ-ツリー、あるいはロジックツリーがあります。
 これは問題を「分析」したり、「構造化」したり、「解決策」や「現状から理想への移行策」を考えたりする場合に便利な道具です。

 もちろん、個人的にはこう解釈するところがあるわけですが・・・・「分析」(多くの要素中から意識的に抽出した要素にコトバのラベリングをして意識し分類する)、「構造化」(なんか構造主義みたいでいやだー笑)「解決策」(今日の解決策は明日の問題ー笑) 

 もちろん、認識論的に言えば、以下のリンクで書いたように


 外的世界で起こっているアリとあらゆる事象の中から、観察者の主観的視点で、主だった事象をコトバでラベリングして図式化したものですから、一般意味論でいう「地図はそれが示す土地と同じではない」のと同様、「イッシュ-ツリーはそれが示す問題のシステム全体と同じではない」ということが言えるでしょう。

 もちろん、その他に、要素と要素の相互作用や関係性がすべて明示されているわけではない、とか、時間的な変化が明示されていない、とか、色々言い出したらキリがないわけですが、それでも、使い方によっては今起こっている課題を明示し、他の人と共有し、合意を得て、解決の方向性や解決のプロセスを考える・・・・ところで活用するというのはありなのでしょう。

 それで、ネットに転がっていた「Problem Tree Analysis [1]というドキュメント。これが中々面白いのですが、ロジックツリーを使って、

  1. 問題( Problem) 分析 --- 現状どうなっているのか?のイメージを描く
  2. 目的(Objective)分析 ---- 将来どうなっていたいのか?のイメージを描く
  3. 戦略( Strategy ) 分析 ---- 現状から将来へ至る道筋の定義(目的をつないだ戦略レベル)


 を描いてみましょう、となっているのが非常に興味深いところです。

 もちろん、ここでの問題は普通の人は、現状とか将来像を、過去から現在までの枠組みの延長と考えてしまうので、本当は、既存の枠組みから出た将来像をどのようにつくるのか? また、現状からそこへ至るまでの道筋(戦略)をどのように上手くつくるのか?が課題となってくるでしょう。もちろん、ここではこうさらりと書いていますが、過去の延長で将来を見ない、というのはかなり難しいことのように思います。で、実際には既存の枠組みを超えるために家族療法や短期療法で言うリフレーミングを使うということになります。

http://ori-japan.blogspot.jp/2012/08/blog-post_9.html

 余談ですが、通常のビジネス系の分析の場合、外的世界(物理的世界)に存在する問題や課題の解決、あるいは目標を達成のみを取り扱い、内的世界(論理的世界、心理的世界)の満足感やモチベーションといったことは取り扱わない場合が多いわけですが、敢えて、外的世界と内的世界の両方の循環を考えて、将来の理想を目指して行うのが心理療法家のミルトン・エリクソンのまさに「戦略的」技法だったりするので結局、フレームワークはビジネス系の戦略と同じで、それを内的世界にも向けるという意味でスコープが違っているだけだ、と考えれば良いでしょう。まぁ、フレームワークは同じなので、エリクソンのアプローチは組織開発とかモチベーション向上とかに応用されているのでしょうけれどねぇ・・・・・ 

(つづく)
文献


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com






2014年9月26日金曜日

点滅する光やリズムを伴った音が意識に与える影響



  
  ぽく、ぽく、ぽく・・・・というような坊さんがお経を読む時に叩く木魚の音と単調なリズム、チーンという鐘の音・・・・・唱える呪文のようなマントラ・・・・こういった刺激が脳波に刺激を与え、それを認識している人の意識にどのような影響を与えているのか? ちゃんと調べている人が居るのですねぇ・・・・・・・・
 


点滅する光やリズムを伴った音が意識に与える影響

 スタンフォードのサーバにのっかっていた 「Auditory Driving as a Ritual Technology: A Review and Analysis[1]という論文が結構面白いです。

 気が乗らない時にドラムを夢中になって叩き始めると、気持ちが落ち着いたり、精神が高揚したりする。というような話からこの論文が始まっています。
 その意味では、音楽やリズム、あるいは光の点滅による刺激は確実に人の意識になんらかの影響を与えています。

 それでこの論文の面白いのは、宗教の儀式、あるいはメトロノームのような単調な音、左右の周波数差が出来るようにつくったバイノーラルビート、あるいは光の点滅などがどのように意識に影響を与えているのか?脳波計を使って検証しているところでしょう。
 もちろん、脳波はαβθ・・・という定量的な周波数レベルでしか測れないため、これとは別のモードである ASC (変性意識)に入っているのか?いわゆる心理療法など言われるトランス状態というのは不明なわけですが・・・。

 それで、どういう手法がどのように意識に影響するのか?割りとよくまとまっていて非常に面白いなぁと思ったところです。

(つづく)
文献

[1]http://web.stanford.edu/group/brainwaves/2006/AuditoryDrivingRitualTech.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com







2014年9月25日木曜日

「ストラテジック」と「マインドフルネス」


  
  「ストラテジック」と「マインドフルネス」を混ぜたらどうなるのでしょうかねぇ?(笑)
 


「ストラテジック」と「マインドフルネス」

 元々、心理療法家のミルトン・エリクソンに端を発するブリーフセラピーの概念としての「ストラテジック」、もちろん外交とかビジネス用語としてもお馴染みです。
 また、これと元々は原始仏教に端を発する「マインドフルネス」。

 これら「ストラテジック」と「マインドフルネス」というのは案外似て非なる概念で、ある意味モードが違っているように思っているわけです。

 「ストラテジック」とは、やはり「現状」と今は実現できていない「理想」を意識し、「現状」と「理想」の間に橋をかけるための必要条件を整えるために具体的に何をしていくのか?と考えて行動していくことになるわけです。ある意味、目的やゴールに向って現状がドライブされるわけであり目的思考の Management by Objectives でマネジメントされるということになってきます。
 
 それで、心理療法だとソリューション・フォーカスト・アプローチや戦略的家族療法とか戦略的短期療法とかは「現状」と「理想」をどのように埋めるのか?の道筋を意識してもらうという意味ではかなり「ストラテジック」ということになるわけです。

 一方「マインドフルネス」、過去も未来も忘れて、今ココに起こっている事実認識だけに着目する、というのがこの本質。とにかく、今ココで見えるもの、聞こえる音、体の感覚だけに焦点を当てる・・・・それ以外は一切無視、とこんな感じ。仏教だとヴィパッサナー瞑想がこんな感じ。心理療法だとCBT派生のACTがこんな感じ。

 で、「ストラテジック」と「マインドフルネス」を混ぜるとどのようになるのか?というと(笑)。

 ミルトン・エリクソンの奥さんのエリザベス・ムーア・エリクソン、通称ベティ・エリクソンのエクソサイズということになっていくのだと思います。


 今ココから未来が創発するような感じでしょうかねぇ? まぁ、最初にちょっとした目的は設定する必要はありますけれどねぇ(笑)。

(つづく)
文献

N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com