2015年1月21日水曜日

シリコンバレーとエリクソニアン・ダブルバインド

「シリコンバレー」には、たまに出張していたので土地勘はあるほうだ、と個人的には思っている。具体的には、パロアルト、クパチノ、サンノゼ・・・とかだけれど。それで、最近、Googleのエリック・シュミットやジョナサン・ローゼンバーグの本なんかを読んでいて、ふと思いついたことがある。もちろん、昔からうすうすは思っていたのだけれどうまく体系化できていなかった、というのが本当のところ。

  で、簡単に言うと、シリコンバレーの一般的なマネジメント・スタイルは、「エリクソニアン・ダブルバインド」だということ。

もちろん、これを説明するためには、この真逆の概念である「ベイトソニアン・ダブルバインド」から説明する必要があるだろう。

 ベイトソニアン・ダブルバインドとは、統合失調症の原因として考えられた仮説で、端的にいうと「Aをやったらおまえを罰する、Aをやらなくてもお前を罰する、その場から逃げることは許されない」、2人以上の人が存在するコンテクストにおいてコミュニケーションすることで起こる状態ということになる。[1] 

 これをマネジメントのスタイルで表現すると、『新しい試みをすることもNG、かといって、現状と同じことをやってもNG』のような、ある意味手詰まりの状態の会社が知らず知らずにやっているマネジメントがこれにあたるだろう。もちろん、こちらは白馬に乗った救世主でもやってこない限り、大体オワコンになるというようなパターンになるようにも思ってくる。

   一方、エリクソニアン・ダブルバインドの場合は、簡単に言えば「Aをやったらおまえは成功する。Aをやらなくてもお前は成功する。」「Aをやった結果おまえは成功する、Aをやった結果失敗することに成功する・・・」というような形式をとる。[2]

 で、シリコンバレーの文化といってもよいかもしれないけれど、大体エリクソニアン・ダブルバインドのような形式のようになっていることが多いように思う。つまり、「とにかく新しい試みをいくつもやってみることが推奨される。で、失敗するのが普通なので、うまく失敗する、早く失敗する、小さく失敗することを心がける」で、めげずに何回もトライしていつか失敗しなかった普通に成功する、場合によっては大成功する。

 繰り返すと「エリクソニアン・ダブルバインド」というのがこのあたりの会社の文化、ひいては地域の文化として継承されていると確信するわけである。

 もちろん、このパターンはいくつものプロジェクトを並列に動かしているようなことになるので、ヒ―ヒー言いながら、でも不思議と心と体は疲れないということにはなってくるわけだけれども(笑)。

[2]http://www.psychotherapy.com.au/fileadmin/site_files/pdfs/TheDoubleBindTheory.pdf




記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com




2015年1月19日月曜日

Android 端末で読む グレゴリー・ベイトソンとミルトン・エリクソン

Apple は宗教ちっく。それに、この時代に垂直統合志向なところがある。もちろん、ハードウェアとOSがシングルベンダーから提供されているという意味で。

それで、個人的には、Appleにロックインされたくない、というのが本音。もちろん、1つもApple製品を使わないという意味でもなく、ロックインされたくないというところが案外深いところ(笑)。

では、「代案は?」ということになるわけだけれど、そこで出てくるのは Android。もちろん、このOSを取り巻く状況が完全にオープンでないのはその通りだし、Google 依存になるのはあるけれど、Apple より垂直統合が緩いという意味ではまだましという認識。

 そんなわけで、今回、選んだのは Asus Memo Pad 180A


わかる人にはわかるけれど、最新ではなく完全に型落ちのモデル。選んだ理由は、用途が、1)自炊PDFの読書用 2)メール用端末 3)オフラインでGTDのアプリを動かすため 4) 単なるメモ用。 おそらくこの4つで90%以上を占めるので、あまりパフォーマンスも必要としていない。ゲームとかやらないのでこれで十分。 価格は、大体ケース、キーボード、本体まで入れて2万円少しの買い物。コストパフォーマンスはかなり良い感じ。

 で、このモデル、microSDをサポートしているので、この中に、自炊した、Gregory Bateson “ Mind and Nature “ やら、”Steps to an Ecology of Mind “やら、Milton Erickson & Earnest Rossi “Hypnotic Realities “やら普段は持ち歩くもの億劫なくらいの分厚い本をこれ見よがしに配置。

 で、クライアントさんところまで通っている新幹線の中でちょっと深い感じの読書の日々。

8インチというのがなかなか微妙に良い感じで、大きくもなく小さくもなく個人的には非常に良い買い物をした、とちょっと自画自賛モードに突入しているところ。さて、ついでだけれど今年は真面目に英語を勉強しようかなぁと画策中。米語なまりを直すという意味でも(笑)。




記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com


 

2015年1月14日水曜日

変化が変化する1年に

今年は、某所でチェンジ・マネジメントのコンサルティングの仕事からスタート。

で、どんなエクセレントな組織も時間とともに腐っていく。

これは今も昔も、西も東も関係ない本質的な原則のようです。

で、これから気づくのは、組織は定期的にリフォームしないといけない、ということ。

古くは、江戸時代の肥後藩の細川重賢、米沢藩の上杉鷹山らの藩政改革が思い浮かびますが、今でも、改革から無縁という組織は存在しないでしょう。

 もちろん、組織は生き物でもあり、こうすれば、かならずこういった結果が生まれるというような単純な因果関係で機能するような道具が今でもないのが、ある意味、難しいところでもあり、面白いところでもあるのでしょう。

 それでも、組織改革をどのように進めるか?を考えて Google 先生に尋ねるといくつかのサイトが表示されることになります。

 ひとつは、組織改革を説明する、モデルとしてのADKARモデル[1]。もちろん、モデルは実態をうまく説明するものというだけでしかないのかもしれませんし、逆に、このモデルを実態に適用して道具として使うのかもしれません。もちろん、絵に描いた餅で絵空事なのかもしれませんが、ちょっと眺めてみましょう。

 このモデルは2のベクトルを考えなければならない。

ひとつは、ビジネスの軸。具体的には、
・ビジネスの要求、あるいは事業機会が分かっていること。
・それがプロジェクトとして定義されていること。(スコープと目的)
・ビジネスの解決策がデザインされていること。(新プロセス、システム、そして組織の構造)
・新しいビジネス・プロセスやシステムが開発されていること。
・解決策が組織に組み込まれて実行可能になっていること。

もう一つは人の軸。具体的には、
・変化しなければいけないことに気づいていること。(Awareness)
・変化を起こす活動を支援したり参加したいと熱望していること。(Desire)
・何をどう変化させたらよいかの知識を持っていること。(Knowledge
・日々の活動において変化を実行できること。(Ability)
・変化することがあたりまえだとなること。(Reinforcement)

 で、上杉鷹山ではないけれど、灰の中の残り火が再び炎となり燃え始めるまだ、しつこく、しつこく、やり続ける形式になりそうな2015年であるようですねぇ。




2015年1月3日土曜日

2015年1月2日金曜日

認知と催眠



  一本の『木』から、その木を含んだより大きな『森』を想像してみる。

 単なる、ひとりごと・・・・・(笑)。 
 




認知と催眠

  お正月休みは他の雑事を気にせずにゆっくり論文が読めるので中々良い時期なのですけれども・・・・UCバークレーの人が書いた「Hypnosis and Cognition[1]というのを読んでいたのですけれど、これが中々秀逸で面白いように思います。

 普通、どうしても催眠というと、催眠現象だけに捕らわれた「催眠バカ」みたいなのが湧いて出る傾向があるわけですが、そこは流石に学術系の人だけあって、そういう短絡的な思考で物事を語っていません(笑)。

 要は、催眠現象のひとつである感覚喪失や記憶減退、心身硬直といった単なる現象から、その背景にある、人間の認知や記憶、神経系の働きといったもっと大きなメカニズムを探っていこうというのがこの論文の趣旨ということになります。

 もちろん、こういったことを探っていくことで、誤った信念をどのように解除していくのか?とか直感的に問題解決するにはどのようにすればよいのか?とか、認知科学的に仮説を立てて説明しようとしているのがこの論文ということになるわけです。

 そう考えると、感覚喪失といった催眠現象は単なる「木」であると考えて、実はそのひとつひとつの木を含んだ「森」がどうなっているのか?を洞察した論文ということになるわけですが、個人的にはこういった全体志向というか全体最適化を考えているようなアプローチは結構好みだったりするわけです。 

文献

[1]http://www.apa.org/pubs/journals/features/cns-0000014.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com







2015年1月1日木曜日

謹賀新年

 本年も宜しくお願い申し上げます。


 皇紀弐千六百七拾五年 元旦