2017年8月14日月曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 226日目


                                                                                                                            
 
  一見曖昧なことを、抽象的な粒度のまま、正確に行う・・・・・・(笑)。

   <ひとりごと>




はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 226日目について書いておきたい。 
 
催眠の現実

 「Hypnotic Realities The Induction of Clinical Hypnosis and Forms of Indirect Suggestion(1976)」著者はミルトン・エリクソンとアーネスト・ロッシ+シーラ・ロッシ。

    ミルトン・エリクソン論文全集の第四巻を読んでいる。そこに含まれていて、今回からの範囲に収録されているのは、「Hypnotic Realities : 催眠の現実」だ。個人的には英語で何度か読んでいる。また、書店でぱらぱらとしか確認していないが邦訳が出ている。

 そのため、ここの部分の読み方についてはルール変更して興味深いと思ったメモだけ記載しておくことにしたい。

・・・・・・・・・・・
 今日は以下の内容。

・Exercises with Analogies Puns, and Metaphors 
SEVEN 
・Indirectly Conditioned Eye Closure Induction 
・Confusion in Trance Induction 
・Indirectly Conditioned Eye Closure Induction 
・Observation Scale for Hypnotic Depth 
・Trance as Experiential Rather Than Intellectual Learning 
・Interspersed Suggestions: Multilevel Statement to Conscious and Unconscious 
・Covering All Possibilities of Response to Facilitate Suggestion 
・Depotentiating Consciousness with Boredom: An Example of Indirect Suggestion
・Personal Meanings: Discharging Negative Attitudes 

 
随考
 
    今日のハイライトの一つは、トランス誘導および暗示のマイクロダイナミクス。要は細かいレベルで具体的に何をしたらよいのかの動力学を示した説明で、具体的には以下だ。それぞれの項目でのバリエーションは数限りないが、抽象的なインデックスをつけると5つのプロセスで説明できるという具合だ。

(1)Fixation of attention (注意の固定)
     1.Stories that motivate, interest, fascination, etc. 
  2.Standard eye fixation 
     3.Pantomime approaches
     4.Imagination and visualization approaches 
     5.Hand levitation 
     6.Relaxation and all forms of inner sensory, perceptual or emotional experience 
     etc. 
(2)Depotentiating Conscious Sets  (一連の意識を弱体化)
     1.hock, surprise, the unrealistic and unusual 
     2.Shifting frames of reference; displacing doubt, resistance and failure 
     3.Distraction
     4.Dissociation and disequilibrium 
     5.Cognitive overloading 6.Confusion, non sequiturs 
     7.Paradox 
     8.Binds and double binds 
     9.Conditioning via voice dynamics, etc. 
     10.Structured amnesia 
     11.Not doing, not knowing 
     12.Losing abilities, the negative, doubt 
     etc. 

 ※個人的に面白いと思うのは、11.の「無為、無知」というところだ。最初に注意を固定し、次に、何もしない、何も知らないという態度で、ある状況を思い浮かべてみるという具合だ。おそらく普段の意識で反応するのではなく、何かの知が創発するというようなことが起こる。個人的には老子的だと思っている。

(3)Unconscious Search  (無意識の探索)
 1.Allusions, puns, jokes 
     2.Metaphor, analogy, folk language 
     3.Implication 
     4.Implied directive
     5.Ideomotor signaling 
     6.Words initiating exploratory sets 
     7.Questions and tasks requiring unconscious search 
     8.Pause with therapist attitude of expectancy 
     9.Open-ended suggestions 
     10.Covering all possibilities of response 
     11.Compound statements
     12.Intercontextual cues and suggestions 
     etc. 
(4) Unconscious Process  (無意識のプロセス)
 1.Summation of: 
            a)Interspersed suggestions 
            b)Literal associations
             c)Individual associations 
             d)Multiple meaning of words 
     2.Autonomous, sensory and perceptual processes 
     3.Freudian primary processes 
     4.Personality mechanisms of defense 
      5.iegarnik effect 
     etc. 
 (5) Hypnotic Response  (催眠下での反応)
”New datum of behavioral response experienced as hypnotic or happening all by itself"

 また、このあたりは言語パターンが続くが、個人的には3つの視点、1)語用論としてコミュニケーションの5つの公理、2)統語論直線的因果関係にならないように気をつけて)、3)意味論としての認知言語学のカテゴリー化とプロトタイプ、および一般意味論の構造微分、をそれぞれ当ててベイトソン風に多重記述して読んでいる。
 
8月14日の進捗、1784ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 67.4%)


Volume IV
INOVATIVE HYPNOTHRAPY


Hypnotic Realities The Induction of Clinical Hypnosis and Forms of Indirect Suggestion by Milton H. Erickson, Ernest L. Rossi & Sheila I. Rossi With a Foreword by Andre M. Weitzenhoffer



お知らせ:

ミルトン・エリクソンの本質を突き詰めたから分かったことがあります。

 組織のパラドクスを解消し、組織の認識、行動の変化を支援する、
「変化・創発ファシリテーション」のオンデマンド、オンサイト講座を開始いたします。

詳細は、こちらから。


(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679


――

0 件のコメント:

コメントを投稿