2017年8月18日金曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 230日目


                                                                                                                            
 
  実践と勉強は違う(笑)。

   <ひとりごと>




はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 230日目について書いておきたい。 
 
催眠の現実

 「Hypnotic Realities The Induction of Clinical Hypnosis and Forms of Indirect Suggestion(1976)」著者はミルトン・エリクソンとアーネスト・ロッシ+シーラ・ロッシ。

    ミルトン・エリクソン論文全集の第四巻を読んでいる。そこに含まれていて、今回からの範囲に収録されているのは、「Hypnotic Realities : 催眠の現実」だ。個人的には英語で何度か読んでいる。また、書店でぱらぱらとしか確認していないが邦訳が出ている。

 そのため、ここの部分の読み方についてはルール変更して興味深いと思ったメモだけ記載しておくことにしたい。

・・・・・・・・・・・
 今日は以下の内容。

・RIGHT- AND LEFT-HEMISPHERIC FUNCTIONING IN TRANCE 
EIGHT
・ Infinite Patterns of Learning: A Two-Year Followup 
・Body Language and Expectation of Trance 
・Ocular and Visual Alterations During Trance Induction: Fogging Phenomenon and Trance Stare 
・Deepening Trance 
・Open-Ended Suggestions 
・Two-State Dissociative Regression

 
随考
 
 今日のところで面白いのは以下だ。エリクソンを学ぶには暗黙知を暗黙知として学ぶ必要があるが、何か説明をする場合は、フレームワークを当てて形式知として説明しているような構図がある。

 本書で用いられているそのフレームワークが以下の3つだ。 


1.  The psychodynamic model of the conscious-unconscious system
2.  The learning theory model of behavioral psychology
3.  A linguistic model utilizing multiple levels of communication. 

 
 一つは、心理学的動力学における意識ー無意識のモデルとなる。実際には、この時代一世を風靡したロジャー・スペリー分離脳の理論がモデルとして使われている。このあたり、現在はエリック・カンデルの神経伝達の話になっているので、個人的には少し古く感じる。

 二つ目は、行動主義心理学の学習理論と書かれている。具体的にはエドワード・ソーンダイクあたりか?

 三つ目は、他水準のコミュニケーションを利用した言語モデルということになる。このあたりで思い出すのはMRIポール・ウオツラィックの「The Language of Change」ということになる。

 もちろん、これらはあくまでもエリクソンの技法を説明するためのフレームワークなので、実際にエリクソンがこれらの理論を理解してそれを応用していたというわけではないと思われる。その意味ではエリクソンは暗黙知てんこ盛りのエリクソンということになる。
 
8月18日の進捗、1,816ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 68.6%)


Volume IV
INOVATIVE HYPNOTHRAPY


Hypnotic Realities The Induction of Clinical Hypnosis and Forms of Indirect Suggestion by Milton H. Erickson, Ernest L. Rossi & Sheila I. Rossi With a Foreword by Andre M. Weitzenhoffer



お知らせ:

ミルトン・エリクソンの本質を突き詰めたから分かったことがあります。

 組織のパラドクスを解消し、組織の認識、行動の変化を支援する、
「変化・創発ファシリテーション」のオンデマンド、オンサイト講座を開始いたします。

詳細は、こちらから。


(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679


――

0 件のコメント:

コメントを投稿