2017年8月31日木曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 243日目


                                                                                                              

  気持ちでも症状でも、使い倒して、なんぼ(笑)。

   <ひとりごと>




はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 243日目について書いておきたい。 
 
催眠療法の調査事例

 「Hypnotherapy An Exploratory Casebook(1979)」、著者はミルトン・エリクソンとアーネスト・ロッシ。フォワードは「私の声はあなたとともに―ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー」でおなじみのシドニー・ローゼン。

    ミルトン・エリクソン論文全集の第四巻を読んでいる。そこに含まれていて、今回からの範囲に収録されているのは、「Hypnotherapy An Exploratory Casebook(1979)」だ。ロッシとの共著となる第二弾。ここで特にテーマとなっているのは臨床催眠における「利用(Utilization)アプローチ」ということになる。米国での出版から40年弱の時を経て近々邦訳が出るようだから、興味のある方はそちらを読んで見るとよいだろう。個人的には過去何回が読んでいるが、何度読んでもよい著作だ。

・・・・・・・・・・・
 今日は以下の内容。

5. Utilizing the Patient's Negative Affects and Confusion
6. Utilizing the Patient's Symptoms


 
随考
 
     普段生活していると単純な善悪二元論に陥ることも多い。

 例えば、否定的な気持ちはよくない。否定的な気持ちによる混乱はダメだ。こういった思考パターンや反応だ。 

 もちろん、気持ちを否定的か肯定的かの2つに分けている時点で二元論ではあるのだが(笑)。

 今日の当たりの論文を読むとエリクソンは、否定的な気持ちだろうが、肯定的な気持ちだろうが、それを分けることに意味があるのではなく、目標達成や理想的な状態になるために、それをどのように使ったらよいのか?というこういった発想をする必要があるということになる。つまり、否定的な気持ちなら、それをどう使おうか?肯定的な気持ちならそれをどうつかおうか?そういったプラグマティストの発想ということになる。
 
8月31日の進捗、1,920ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 72.5%)


Volume IV
INOVATIVE HYPNOTHRAPY

Hypnotherapy An Exploratory Casebook by 
Milton H. Erickson and Ernest L. RossiWith a Foreword by Sidney Rosen


お知らせ:

ミルトン・エリクソンの本質を突き詰めたから分かったことがあります。

 組織のパラドクスを解消し、組織の認識、行動の変化を支援する、
「変化・創発ファシリテーション」のオンデマンド、オンサイト講座を開始いたします。

詳細は、こちらから。


(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679


――

0 件のコメント:

コメントを投稿